忍者ブログ
とりあえずブログ(仮)
Admin / Write
2020/02/22 (Sat) 23:02
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/02/14 (Thu) 13:52
前ブログでめぼしい記事だけこちらにインポートする予定です。→だいたいインポート完了しました。
四苦八苦しながらもなんとかメインカラムの横幅を1000pxまで広げてみました。これで結構大きい画像も載せられます。アイなんとかっていうブラウザだけカラム落ちして困ったんですが、寸法に余裕持たせたらなんかうまくいきました。よく分からん。
ブログの方は1000px以下の画像、ウェブページ(http://tbx.jakou.com/)の方は2000pxぐらいの大きい画像っていうことで棲み分けすればいいかな~と思ってます。

いろいろいじれるというのは楽しくて良いですね。はてなは制約だらけだったので…。
PR
2013/02/11 (Mon) 13:52
「ワンダーフェスティバル2013[冬]」へ行ってきました。

今回も京葉線の東京駅始発で行ってきました。初めて椅子を持って行ったのですが待ち時間が相当楽になって大助かりでした。ただ鞄にギリギリ入らなかったのでずっと手で持ち歩く羽目になったのはちょっとアレでしたが。また早朝はやはり寒くて厳しかったです。ホッカイロは役立たずだと分かったので次の冬は何か別の対策を考えよう。
カメラがこれまでのCX3からNEX-C3へと変わりました。ミラーレスとは言えコンデジのCX3に比べるとでかくて重く、どうだろうなーと思っていましたが、撮った写真を見てみるとその差は歴然でした。セッティングなど今回である程度感覚を掴めたと思うので、次回以降はもっと綺麗な写真をたくさん撮れるようにしていきたいですね。レンズはキットのSEL1855で事足りました。これ以上望遠だと手ぶれがきつそう。ズームレンズの利便性を結構感じたので単焦点にすることもなさそう。
レポートはこちら:
http://tbx.jakou.com/wf2013w/wf2013w.html
RIOBOTジェフティとアヌビスは結構うまく撮れてて満足。後日ちゃんと体裁を整える予定(あくまで予定)。今後イベントレポートは主にこっちのページに載せることになるかもしれません。


ワンホビにてほむら・雪ミク・figma杏を購入しました。おいおい紹介記事作…れればいいなあ。ほむらのきりっとした表情が最高です。あとは浅井さんのfunicaも一体購入。欲しいと思っていたメガスカルプチャさんの人型可動フィギュアは完売で買えず。
2012/12/07 (Fri) 14:16
◇CX3を使い始めてから2年半以上経ち、そろそろコンデジ画質の写真にも飽き飽きしてきました。そこで次のステップとして高級コンデジor一眼を考えているのですが、RX100やX10などの大センサ+ズームコンデジはコンデジであるが故の「寄れない」という欠点がほぼ玩具やフィギュアの物撮りしかしない自分にとってあまりに致命的。しかも下手な一眼より高いし。なので一眼の方向で検討を進めます。
ファインダーを覗くことに全くこだわりがないので、やはりコンパクトなミラーレス一眼が有力。各社の製品でセンササイズにいろいろ違いがあり、一番大きいAPS-Cサイズを採用しているのは
  • SONY α NEXシリーズ
  • PENTAX K-01
  • Canon EOS M
  • FUJIFILM X-Pro1, X-E1
の4ブランド。ちょこっと価格コムで調べていたら、NEXの下位機種(C3)とK-01はレンズキットでも現在3万円前後という破格になっていることを知り驚愕。にわかに一眼購入が現実味を帯びてきました。 NEX-C3とK-01の主な仕様差異は以下の通り。

機種レンズマウントISO感度液晶チルト手ぶれ補正フラッシュAEロックサイズ(mm)重量(g)
NEX-C3 Eマウント 200~12800 × × × 110×60×33 283
K-01 Kマウント 100~25600 × 121×79×59 560

NEX-C3の手ぶれ補正はレンズ側で対応。フラッシュは外付けのものが付属。

K-01はKマウントレンズをそのまま使えるというのが非常に大きな強みですが、レンズを持っていない自分にはあまり関係ないです。Eマウントのレンズもそれなりに出揃ってきているのでこれから買う分にはどちらでも問題ないと思います。多分レンズキットのズームレンズがあれば後はマクロレンズ一本くらいで十分な気がする。あと60~70mmくらいの明るい単焦点もあったら欲しいけどEマウントにはまだないですね。ロードマップには載っているのであてにして待つのもいいかもしれません。
撮像素子に関してはK-01もソニー製らしく、恐らくC3とだいたい同等のものだと思われます。ただC3は下位機種のためかISO感度の上下限に制限があり、その点でK-01に分があります。ベンチマーク等によるとK-01はNEX-7並みのセンサ性能だとか。
しかしK-01の問題はとにかくでかくて重いこと。これじゃミラーレスの意味ない!とまでは言いませんが分厚いです。まあズームレンズをつけるとどちらもそれなりの大きさにはなるんですけどね。しかし実物を見たところK-01のでかさはかなりのものでした。ちょっとあれは厳しい。特徴的なデザインは嫌いではありませんが、側面のゴムが高級感を損ねていて悪印象。耐久性も不安ですし。
2012/07/29 (Sun) 01:41
「ワンダーフェスティバル2012[夏]」へ行ってきました。

今回も京葉線東京発の始発で行ってきました。入場待ちが4時間半くらいになるのですが、Vitaがかなり良い暇つぶしになりました。あと日陰に恵まれたおかげでそこまで暑くなく済んだのもラッキーでした。入場の際の1~5ホール行きか5~8ホール行きかに列が分かれるところで、今までは8割方企業ブースのある1~5ホールの方に行っていたのが、今回は半分半分ぐらいの感じだったのが驚きでした。連合物販のラインナップが少々マニアックだったことの影響が大きいのでしょうか。
以下、いつも通り内容偏りまくりの写真です。手ぶれを恐れてISO800で撮ったのですが失敗でした…。
2012/05/05 (Sat) 17:50
  • 商品名:エヴァンゲリオン初号機 メタリック塗装版
  • メーカ:海洋堂
  • 定価:2,980円
  • 発売時期:不明
  • 原型制作:山口勝久


山口式可動の第一作。言わずと知れたアクションフィギュア界の革命作であります。

関節は全て軸関節です。練りに練られた可動軸設定とメリハリの効いた造形がたまりません。だいたいPVC製ですが関節軸はABS製なのでそう簡単に軸が折れることはありません。


ハンドガン。

パレットライフル。肘が動かないのに完璧に両手持ちできます。多分これに合わせて肘の曲げ方を決めたのだと思いますが、ライフル以外のポージングも全く違和感なく決まるのが凄すぎ。

こんな伏せ撃ちポーズまで取れる。




プログレッシブナイフ。

カヲル君も付いてきます。暴走ヘッドも。いただきます。


アクションフィギュアを嗜む人なら一度は触れておくべきバイブル的作品だと思われます。今でもさほど難なく入手可能なので未経験の方は是非どうぞ。
    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
twitter
flickr
www.flickr.com

T_B_x's items Go to T_B_x's photostream
このブログについて
基本的に日常の雑記ですが、時にはイベントレポートや製品レビューも作成します。
何かお気づきの点等ありましたら記事のコメント欄、もしくは左カラムのtwitterアカウントの方にご連絡ください。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]